Publication

Journal paper

  1. T.Kawahara, T.Iwatate, K.Inoue, S.Hayashi, H.Yoshimoto, and K.Takanashi. Multi-modal sensing and analysis of poster conversations with smart posterboard. APSIPA Trans. Signal & Information Process., Vol.5, No.e2, pp.1-12, 201a.[link]
  2. 若林佑幸, 井上昂治, 中山雅人, 西浦敬信, 山下洋一, 吉本廣雅, 河原達也: 視聴覚情報の統合に基づく音源数推定と話者ダイアライゼーション, 電子情報通信学会論文誌 D, Vol. J99-D No. 3, pp.326-336, 2016.3[link]
  3. 井上昂治, 若林佑幸, 吉本廣雅, 河原達也: 多人数会話における音響・視線情報を統合した話者区間検出, 電子情報通信学会論文誌 D, Vol. J99-D, No. 3, pp.348-357, 2016.3 [link]
  4. 吉本廣雅, 中村裕一: 識別器の特性の学習とユーザの誘導による協調的ジェスチャインタフェース, ヒューマンインタフェース学会論文誌 Vol.17 No.2, pp.107-116,2015 [link]
  5. 吉本廣雅, 中村裕一: 未知剛体の形状と姿勢の実時間同時推定のためのCubistic表現, 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J97-D,No.8,pp.1218-1227, 2014 [link]
  6. Tatsuhisa Yamaguchi, Hiromasa Yoshimoto, Shohei Nobuhara, and Takashi Matsuyama: Cell-based 3D Video Capture of a Freely-moving Object Using Multi-viewpoint Active Cameras, IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications, Vol.2 (2010), pp.169-184, 2010.11.10.[link]
  7. 吉本 廣雅,山口 辰久,牧 淳人,松山隆司: 能動カメラ群を用いた三次元ビデオのセル分割追跡撮影方式,電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J92-D, No.9, pp.1579-1590, 2009-09-01 [link]
  8. 吉本 廣雅, 有田 大作, 谷口 倫一郎: 実時間ビジョンシステムのための信頼度駆動メモリ, 情報処理学会論文誌, Vol.44, No.10, pp.2428-2436, 2003.10 [link]

International Conference

  1. Hiromasa Yoshimoto and Yuichi Nakamura: Cooperative Gesture Recognition – Learning Characteristics of Classifiers and Navigating the User to an Ideal Situation – , In Proceedings of 4th International Conference on Pattern Recognition Applications and Methods (ICPRAM2015),2015 [link]
  2. Y.Wakabayashi, K.Inoue, H.Yoshimoto, and T.Kawahara: Speaker diarization based on audio-visual integration for smart posterboard, In Proc. APSIPA ASC, 2014
  3. K.Inoue, Y.Wakabayashi, H.Yoshimoto, and T.Kawahara: Speaker diarization using eye-gaze information in multi-party conversations, In Proc. INTERSPEECH, pp.562-566, 2014.
  4. Hiromasa Yoshimoto, Yuichi Nakamura: Free-Angle 3D Head Pose Tracking Based on Online Shape Acquisition, In Proceedings of International Joint Workshop on Advanced Sensing / Visual Attention and Interaction ­(ASVAI2013),2013
  5. Hiromasa Yoshimoto and Yuichi Nakamura: Cubistic Representation for Real-Time 3D Shape and Pose Estimation of Unknown Rigid Object, In Proceedings of the 2013 IEEE International Conference on Computer Vision Workshops (ICCVW’13), 2013[link]
  6. T. Matsuyama , K. Ikeuchi, S. Okura, Y. Okamoto, T. Kakuta, R. Kawakami, T. Oishi, L. Hill, H. Yoshimoto, T. Yamaguchi, T. Takai, S. Nobuhara: High Fidelity Digitization of Large-Scale and Intangible Cultural Assets, The Third Pacifi-Rim Symposium on Image and Video Technology (PSIVT2009), 2009.1.
  7. Takashi Matsuyama, Hiromasa Yoshimoto, and Tatsuhisa Yamaguchi: Capturing 3D Video of Human Action in a Wide Spread Area with a Group of Active Cameras, Multi-View Image and Geometry Processing for 3D Cinematography, the Banff International Research Station for Mathematical Innovation and Discovery (BIRS), Banff, Canada, 2008.7.13-18, 2008
  8. T. Takai, S. Nobuhara, H. Yoshimoto, and T. Matsuyama: 3D Video Technologies: Capturing High Fidelity Full 3D Shape, Motion, and Texture, International Workshop on Mixed Reality Technology for Film making (in cooperation with ISMAR 2006), 2006.10
  9. Hiromasa Yoshimoto, Naoto Date, Daisaku Arita, Rin-ichiro Taniguchi: Confidence-driven Architecture for Real-time Vision Processing and Its Application to Efficient Vision-based Human Motion Sensing, In Proceedings of the International Conference on Pattern Recognition (ICPR’04), Vol.1, pp.736-740, 2004.08[link]
  10. Ryuji Fujiki, Hiromasa Yoshimoto, Daisaku Arita, Rin-ichiro Taniguchi: Real-time Model-based Hand Shape Estimation with Stereo Vision, Proc. of Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, pp.225-230, 2005.01
  11. Daisuke Hayama, Hisato Yoshimatsu, Hiromasa Yoshimoto, Daisaku Arita, Rin-ichiro Taniguchi: Avatar generation for Real-time Human Proxy, Proc. of 10th International Conference on Virtual Systems and Multimedia, pp.386-395, 2004.
  12. Naoto Date, Hiromasa Yoshimoto, Daisaku Arita, Rin-ichiro Taniguchi: Real-time Human Motion Sensing based on Vision-based Inverse Kinematics for Interactive Applications, Proc. of International Conference on Pattern Recognition, Vol.3, pp.318-321, 2004.08
  13. Hiromasa Yoshimoto, Naoto Date, Daisaku Arita, Rin-ichiro Taniguchi: Vision-based Latency-free Real-time Human Motion Sensing, Proc. of 10th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, pp.244-249, 2004.02
  14. Naoto Date, Hiromasa Yoshimoto, Daisaku Arita, Rin-ichiro Taniguchi: VR Walk-through by Vision-based Real-time Human Motion Sensing, Proc. of International Workshop on Advanced Image Technology, pp.255-259, 2004.01
  15. Hiromasa Yoshimoto, Naoto Date, Daisaku Arita, Rin-ichiro Taniguchi: Vision-based Real-time Motion Capture System Using Multiple Cameras, Proc. of IEEE International Conference on Multisensor Fusion and Integration for Intelligent Systems, pp.247-251, 2003.08
  16. Naoto Date, Hiromasa Yoshimoto, Daisaku Arita, Satoshi Yonemoto, Rin-ichiro Taniguchi: Performance Evaluation of Vision-based Real-time Motion Capture, CD-ROM Proc. of International Parallel and Distributed Processing Symposium, 2003.04
  17. Hiromasa Yoshimoto, Daisaku Arita, Rin-ichiro Taniguchi: Confidence-driven Memory Architecture for Real-Time Vision System, Proc. of Workshop on Computer Vision System Control Architectures, pp.15-18, 2003.03
  18. Hiromasa Yoshimoto, Daisaku Arita, Rin-ichiro Taniguchi: Confidence driven Memory architecture: A real-time communication for distributed vision processing, Proc. of International Workshop on Informations & Engineering, pp.349-354, 2002.05
  19. Hiromasa Yoshimoto, Daisaku Arita, and Rin-ichiro Taniguchi: Real-Time Communication for Distributed Vision Processing Based on Imprecise Computation Model, In Proceedings of 16th International Parallel and Distributed Processing Symposium (IPDPS’02), 15-19 April 2002, Fort Lauderdale, FL, USA [link]
  20. Hiromasa Yoshimoto, Daisaku Arita, and Rin-ichiro Taniguchi: Real-Time Image Processing on IEEE-1394-based PC Cluster, In Proceedings of the 15th International Parallel & Distributed Processing Symposium(IPDPS ’01), IEEE Computer Society, Washington, DC, USA.[link]

Conference(domestic)

  1. 吉本廣雅, 開一夫: 視線方向に着目した母子間相互作用の網羅的・定量的分析, HCGシンポジウム2015, Dec., 2015
  2. 吉本廣雅, 開一夫: 頭部運動の画像計測に基づいた母子間相互作用の定量的分析, 日本赤ちゃん学会第15回学術集会, かがわ国際会議場, Jun.,2015
  3. 吉本廣雅,中村裕一: ポスター対話における会話参与者の振舞いの定量化, 情報処理学会全国大会講演論文集, pp.3D-03, 2015 [link]
  4. 井上昂治, 若林佑幸, 吉本廣雅, 高梨克也, 河原達也: スマートポスターボードにおける視線情報を用いた 話者区間検出及び相槌の同定,情報処理学会全国大会講演論文集, pp.6P-09, 2015. [link]
  5. 若林佑幸, 中山雅人, 西浦敬信, 山下洋一, 井上昂治, 吉本廣雅, 河原達也: 拡散性雑音環境下における多人数会話のマルチモーダル話者区間検出, 日本音響学会研究発表会講演論文集, 1-Q-24, 春季 2015.
  6. 井上昂治, 若林佑幸, 吉本廣雅, 高梨克也, 河原達也: スマートポスターボードにおける視線情報を用いた話者区間及び相槌の検出, 情報処理学会研究報告, MUS-107-68, 2015.
  7. 井上昂治, 若林佑幸, 吉本廣雅, 高梨克也, 河原達也: ポスター会話における音響・視線情報を統合した話者区間及び相槌の検出, 情報処理学会研究報告, SLP-105-9, 2015.
  8. 吉本廣雅,中村裕一: ポスター自動発表システムの実現に向けた視線分布に基づくポスター対話の話題推定, HCGシンポジウム2014 (インタラクティブ発表賞受賞), pp.562-569, 2014
  9. 保澤圭亮, 吉本廣雅, 近藤一晃, 小泉敬彦, 中村裕一, 古谷栄光: 人間の指差し動作モデルを用いたポインティングシステムの設計と性能予測, 電子情報通信学会:HCGシンポジウム2014, 海峡メッセ下関, 2014.
  10. 井上昂治, 若林佑幸, 吉本廣雅, 河原達也: 多人数会話における音響情報と視線情報の確率的統合による話者区間検出, 日本音響学会研究発表会講演論文集, 2-8-4, 秋季 2014.
  11. 井上昂治, 若林佑幸, 吉本廣雅, 河原達也: 多人数会話における視線情報を用いた話者区間検出, 情報処理学会研究報告, SLP-102-1, 2014.
  12. S. Yu, K. Kondo, H. Yoshimoto, Y. Nakamura, M. Dantsuji: Browsing of concentration by capturing learner’s behaviors in e-learning, 2014年映像情報メディア学会年次大会, 大阪大学, Sep., 2014.
  13. D. Bang, 近藤一晃, 吉本廣雅, 中村裕一: Measurement of attention diversity in cooking situation, 2014年映像情報メディア学会年次大会, 大阪大学, Sep., 2014.
  14. 保澤圭亮, 吉本廣雅, 近藤一晃, 小泉敬寛, 中村裕一: 人間の視覚・運動特性を考慮した指差し支援インタフェース, HCGシンポジウム2013, pp. 18-25, 松山市総合コミュニティセンター, Dec., 2013.
  15. 保澤圭亮, 吉本廣雅, 近藤一晃, 小泉敬寛, 中村裕一: 動作の正確さと計測の精度に基づいた指差しインタフェース -確率密度によるポインティング表示-, 電子情報通信学会技術報告, Vol. 113, No. 227, MVE2013-26, pp. 59-64, 利尻町交流促進施設どんと, Sep., 2013.
  16. 林宗一郎, 吉本廣雅, 平山高嗣, 河原達也: マルチモーダルな認識に基づくポスター発表システム, インタラクション2012
  17. 吉本廣雅, 近藤一晃, 小泉敬寛, 中村裕一: ジェスチャインタフェースのための識別器の特性に基づいたユーザの誘導, 電子情報通信学会技術報告, Vol. 113, No. 109, MVE2013-14, pp. 55-60, 東京大学, June, 2013.
  18. 吉本廣雅, 中村裕一: ポスターセッションの分析のための不特定複数人物の頭部形状と姿勢のオンライン自動推定, HCGシンポジウム2012 (インタラクティブ発表賞受賞), pp.344-349, 2012
  19. 高悠史, 吉本廣雅, 近藤一晃, 中村 裕一:対話状況の可視化のためのヒューマン・コンピュータ協調モデル, 情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI), Vol. 2012-HCI-148, No. 6, pp. 1-8, 沖縄産業支援センター, June, 2012.
  20. 中野克己, 吉本廣雅, 近藤一晃, 小泉敬寛, 中村裕一: ジェスチャインタフェースのユーザビリティ向上に向けたフィードバック構成, 電子情報通信学会技術報告, Vol. 111, No. 379, PRMU2011-182, pp. 359-364, 大阪電気通信大学, Jan., 2012.
  21. 高悠史, 吉本廣雅, 近藤一晃, 中村裕一:遠隔会議の実時間支援に向けた対話状況の可視化 -対話の結束性に基づく表現の有効性-, 電子情報通信学会技術報告, Vol. 111, No. 38, MVE2011-2, pp.13-18, 筑波大学, May, 2011.
  22. 中野克己, 吉本廣雅, 近藤一晃, 小泉敬寛, 中村裕一: ジェスチャインタフェースにおける画像認識とフィードバックの構成論, 電子情報通信学会:HCGシンポジウム2010, pp.C4-2, 宮崎シーガイア, Dec., 2010.
  23. 藤木 隆司, 陳 維英, 吉本 廣雅, 有田 大作, 谷口 倫一郎:手の制約知識を用いた逆運動学解法による実時間三次元手形状推定,画像の認識・理解シンポジウム, pp.1380-1387, 2005.07
  24. 花田 武彦, 吉本 廣雅, 有田 大作, 谷口 倫一郎:レンジデータからの表情付け可能な顔面モデルの生成,火の国情報シンポジウム(CD-ROM), 2004.03
  25. 吉本 廣雅, 有田 大作, 谷口 倫一郎:実時間分散画像処理システムのための信頼度駆動アーキテクチャ,情処研報計算機アーキテクチャ(2003-ARC-157), 2004.03
  26. 藤木 隆司, 吉本 廣雅, 有田 大作, 谷口 倫一郎:ヒューマンインタフェースのための実時間手形状計測,火の国情報シンポジウム(CD-ROM), 2004.03
  27. 伊達 直人, 吉本 廣雅, 有田 大作, 米元 聡, 谷口 倫一郎:画像解析によるモーションキャプチャの高精度化,センシングフォーラム講演論文集, pp.301-306, 2003.09
  28. 羽山 大介, 花田 武彦, 吉本 廣雅, 有田 大作, 谷口 倫一郎:没入型分散講義における自然な振る舞いをする講師アバタの実現,信学会総合大会(CD-ROM), 2003.03
  29. 吉本 廣雅, 有田 大作, 谷口 倫一郎:実時間ビジョンシステムのための信頼度駆動メモリ,画像の認識・理解シンポジウム, pp.295-302, 2002.08
  30. 吉本 廣雅, 有田 大作, 谷口 倫一郎:1394カメラを利用した多視点動画像獲得環境,画像センシングシンポジウム, pp.285-290, 2000.06
  31. 吉本 廣雅, 有田 大作, 谷口 倫一郎:IEEE1394カメラを利用した実時間多視点画像処理システム,情処九州支部研究会, pp.203-210, 2000.03

Book

  1. 近藤一晃, 吉本廣雅, 小泉敬寛, 中村裕一: 協調的物体認識のためのマンマシンインタラクション設計, 画像ラボ, Vol. 22, No. 7, pp. 9-15, July, 2012.
  2. Tatsuhisa Yamaguchi, Hiromasa Yoshimoto, and Takashi Matsuyama: Cell-Based 3D Video Capture Method with Active Cameras, Image and Geometry Processing for 3-D Cinematography, Remi Ronfard・Gabriel Taubin, Springer, 2010.
  3. 吉本 廣雅, 有田 大作: LinuxからのIEEE1394機器制御法, IEEE1394の徹底研究, pp.186-197, CQ出版, 2000.10.[link]

講演など

  1. 情報処理技術を駆使したインタラクションの網羅的・定量的分析,第47回VNV研究会, 2015年6月20日
  2. IEEE1394 on Linux, Linux Conference 2000 Spring, 2000 年 4 月 19 日

Patent

  1. 電気自動車の給電装置, 特許 第5165713号 (P5165713), 2012/12/28
  2. 電気自動車への給電システム